読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しき地名 第47弾-1 「あかね台(横浜市・青葉区)」

「あかね」と言えば「あかね色」「あかね雲」が浮かぶ。後者には神野美伽の歌もある(流行っていないので知られていない)。

東急田園都市線、或いはJR横浜線長津田(ながつた)駅から東急こどもの国線に乗り換え1つ目の恩田駅で下車すると、西側の丘陵地にある住宅街が「あかね台」である

(東側が恩田町)。住宅街を歩いていると忽然と「やじろべえ」と言ううどん屋さんが現れ、丁度昼時だったのでモロヘイヤざるうどんを食べた。

東急こどもの国線は終点がこどもの国駅であるが、恩田駅は2000年3月に開業した唯一の中間駅である。駅の住所はあかね町1-10、ホームは恩田町にある。私は駅名は「あかね台駅」とした方が美しくていいと思うのだが、「あかね台」の住人はどう思っているだろうか。

 

f:id:hondatad:20170223223002j:plain

f:id:hondatad:20170223223042j:plain

f:id:hondatad:20170223223113j:plain

f:id:hondatad:20170223223149j:plain

f:id:hondatad:20170223223244j:plain

f:id:hondatad:20170223223332j:plain

f:id:hondatad:20170223223414j:plain

f:id:hondatad:20170223223444j:plain

f:id:hondatad:20170223223522j:plain

f:id:hondatad:20170223223549j:plain

f:id:hondatad:20170223223622j:plain

f:id:hondatad:20170223223651j:plain

f:id:hondatad:20170223223716j:plain

 

 

 

美しき地名 第46弾   「新丸子(川崎市・中原区)」

新丸子駅は渋谷駅と横浜駅を結ぶ東急東横線の東京側の最後の多摩川駅から多摩川を越えて神奈川県側の最初の駅である。駅前は賑やかであるが街は、更に次の武蔵小杉駅と駅間距離が短く一体となっている。なお、武蔵小杉は2016年 関東版 住みたい街ランキングNo.4である(順位は下記)。

No.1 恵比寿

No.2 吉祥寺

No.3 横浜

No.4 武蔵小杉

No.4 自由が丘

 

f:id:hondatad:20170222162231j:plain

f:id:hondatad:20170222162420j:plain

 

f:id:hondatad:20170222162619j:plain

f:id:hondatad:20170222162739j:plain

f:id:hondatad:20170222162800j:plain

f:id:hondatad:20170222162830j:plain

f:id:hondatad:20170222163217j:plain

f:id:hondatad:20170222163044j:plain

f:id:hondatad:20170222162950j:plain

f:id:hondatad:20170222162903j:plain

 

美しき地名 第45弾 「上丸子(上丸子山王町、上丸子八幡町、上丸子天神町)(川崎市・中原区)」

第44弾-1 中丸子(川崎市中原区

で登場の南武通り商店街や南武沿線道路を北上すると下沼部となるが、更にその先の

JR南武線向河原駅周辺が「上丸子」である。駅入り口の壁に貼付のマップによると

NEC(日本電気)の敷地内が該当する。念のため守衛に訊いたが当然ながら敷地内に地名表示はないとのことである。よって、「上丸子」単独の地名表記はなく、単独は「上丸子郵便局」「上丸子小学校」に見ることが出来る。地名には「上丸子山王町」「上丸子八幡町」「上丸子天神町」の如く下に別の町名が付く。また、この近くの武蔵小杉には「小杉御殿町」「小杉陣屋町」があり、京都によく見られる二つ重なった地名は格調高く私は気に入っている。

 

f:id:hondatad:20170221164205j:plain

f:id:hondatad:20170221164245j:plain

f:id:hondatad:20170221164356j:plain

f:id:hondatad:20170221164428j:plain

f:id:hondatad:20170221164552j:plain

f:id:hondatad:20170221170538j:plain

f:id:hondatad:20170221164635j:plain

f:id:hondatad:20170221164709j:plain

f:id:hondatad:20170221164739j:plain

f:id:hondatad:20170221164803j:plain

f:id:hondatad:20170221164836j:plain

 

 

 

美しき地名 第44弾-2 「中丸町(東京都・板橋区)」

第21弾    千早(東京都・豊島区)

で登場した「千早」から山手通りを北上すると川越街道との交差点「熊野町」に至る。その山手通りの池袋四丁目の西、川越街道の熊野町の南にあるエリアである。強いて最寄り駅と言えば池袋駅か、東武東上線大山駅である。

中丸町については他に中丸町・中丸団地(日立市)がある。(昔、車で10分程の近くに住んでいたが行ったことはなく写真はない。)

「中丸」は苗字にもあり可愛い。一方、「丸」が先に来る「丸山」はまずまずだが、「丸川」は「丸川珠代」がいてイメージは良くない。

 

f:id:hondatad:20170220231504j:plain

f:id:hondatad:20170220231542j:plain

f:id:hondatad:20170220231252j:plain

f:id:hondatad:20170220231333j:plain

f:id:hondatad:20170220231413j:plain

 

 

 

美しき地名 第44弾-1 「中丸子(川崎市・中原区)」

JRや私鉄に「中丸子」と付いた駅が無いので住民以外余り知られていない。下丸子の多摩川の対岸の川崎市にある。最寄り駅は川崎駅と立川駅を結ぶJR南武線平間駅向河原駅の間の東側にある。すぐ東側は南武通り商店街が、更にその東に川崎駅と武蔵小杉駅を結ぶバスが走る広い通りの南武沿線道路がある。

なお、平間駅は2017/1/16に「Putit??」で1度登場したが再掲。

また、向河原駅は間もなく登場予定。

 

f:id:hondatad:20170219172927j:plain

f:id:hondatad:20170219173030j:plain

f:id:hondatad:20170219173141j:plain

f:id:hondatad:20170219173217j:plain

f:id:hondatad:20170219173328j:plain

f:id:hondatad:20170219173403j:plain

f:id:hondatad:20170219173449j:plain

f:id:hondatad:20170219173532j:plain

f:id:hondatad:20170219173612j:plain

f:id:hondatad:20170219173654j:plain

f:id:hondatad:20170219173729j:plain

f:id:hondatad:20170219172725j:plain

 

美しき地名 第43弾   「下丸子(東京都・大田区)」

これは「美しき地名」と言うより、フジテレビで毎週日曜日6.00-6.30 p..に放映されているアニメ「ちびまる子ちゃん」に似た可愛い名前と言える。

第19弾   千丸台(横浜市保土ヶ谷区

で「丸」が付くと可愛いくなると紹介したが、その後の

第20弾-1 千年・千年新町(川崎市高津区

で「千」シリーズに入って行った。

下丸子駅

第38弾-1 鵜の木(東京都・大田区

で紹介した蒲田駅多摩川駅を結ぶ東急多摩川線鵜の木駅の一つ蒲田寄りで、全7駅の丁度中間にある。この駅のすぐ北は環八通りで更に東に行くと

第30弾―1 千鳥(東京都・大田区

があり、南に10分も歩くと多摩川に行き当たる。

昨年7月、モルディブの首都マーレに行った時、チャンダニー・マグと言うお土産屋さんが並んでいる通りに「花まる子」と言う店があった。

 

f:id:hondatad:20170219042526j:plain

f:id:hondatad:20170219042701j:plain

f:id:hondatad:20170219043033j:plain

f:id:hondatad:20170219043119j:plain

f:id:hondatad:20170219043213j:plain

f:id:hondatad:20170219043347j:plain

f:id:hondatad:20170219043413j:plain

f:id:hondatad:20170219043447j:plain

f:id:hondatad:20170219043654j:plain

 

以下はモルディブ

f:id:hondatad:20170219043858j:plain

f:id:hondatad:20170219044049j:plain

 

 

 

 

 

 

 

美しき地名 第42弾   「鷲宮町(久喜市)」

若鷲の歌 1番

若い血潮の予科練の 七つボタンは桜に錨

今日も飛ぶ飛ぶ霞ケ浦にゃ でっかい希望の雲が湧く

(高校時代は愛唱歌の一つあった。爾来特に歌を聞くことはないのだが、今回「鷲」の連想で思い出した。今でも歌を聞くと血が騒ぐ。)

 

「烏」「鳶」「鷹」と来て最後は猛禽類最強の「鷲」(わし)である。

白頭鷲」はアメリカの国鳥であり国章に描かれている。

「双頭の鷲」はハプスブルク家の紋章であり、ドイツ、ロシア等の国章に描かれている。

鷲宮町は2005年3月に久喜市と合併し久喜市となった。鷲宮は下記町名に残っている。

鷲宮町(わしみや)中央→久喜市鷲宮(わしのみや)中央

鷲宮(わしみや)町鷲宮(わしみや)→久喜市鷲宮(わしのみや)

 

東京から鷲宮町に行くには東武伊勢崎線鷲宮駅と、JR宇都宮線鷲宮からの両方の行き方がある。私はJR宇都宮線東鷲宮駅の一つ手前の久喜駅東武伊勢崎線の駅もあり)で下車、駅前の柳屋と言うそば屋でうどんを食べ(うどんのコシはまずまず)、久喜市中心部を街歩きし、そのまま鷲宮駅まで歩いて行った。鷲宮町で写真撮影後、東鷲宮駅からJR宇都宮線で帰って来た。

 トリ・シリーズはまだ半分以上残っているが、次回以降一旦本来の「美しき地名」に戻り、その後再開するものとする。

 

f:id:hondatad:20170217053903j:plain

f:id:hondatad:20170217053932j:plain

f:id:hondatad:20170217054016j:plain

f:id:hondatad:20170217054102j:plain

f:id:hondatad:20170217054128j:plain

f:id:hondatad:20170217054206j:plain

f:id:hondatad:20170217054230j:plain

f:id:hondatad:20170217054254j:plain

f:id:hondatad:20170217054319j:plain

f:id:hondatad:20170217054345j:plain

f:id:hondatad:20170217054405j:plain

f:id:hondatad:20170217054437j:plain

f:id:hondatad:20170217054503j:plain

f:id:hondatad:20170217054535j:plain

f:id:hondatad:20170217054605j:plain

f:id:hondatad:20170217054639j:plain

f:id:hondatad:20170217054702j:plain

f:id:hondatad:20170217054728j:plain