読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

受動喫煙肺がんリスク論争

国立がん研究センター非喫煙者受動喫煙による肺がんリスクはない人に比べて1.3倍となり、リスクは「確実」として屋内全面禁煙の義務化を訴えた。これに対し日本たばこ産業(JT)は疑問視するコメントを出した。JTは全く世界の常識から外れている。それ程無知なのか?多分ほんとは知っているのだが、ビジネスが成り立たなくなるのでそう頑張らざるを得ないということだろう。しかし、たばこは日本人を害する。もしそれを否定するなら私はJTの小泉光臣社長と、それに追随しているJT広報の馬鹿どもに次のことを言いたい。「貴殿の家庭内で年がら年中両親、妻子の前でたばこを吸いなさい」と。それが言ったことに対し責任を持つということである。昔、チッソが垂れ流した廃液に含まれていたメチル水銀水俣湾が汚染され、そこで獲れた魚を食べた漁民、住民が水俣病になった。チッソ社長は排水が原因でないと言い張った。それなら私はチッソ社長一家が継続して水俣湾の魚を食べてみせよと迫りたかったが、絶対に食さなかっただろう。さて、責任感の強い?小泉社長、広報は自ら実証するかどうか?