読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しき地名 第30弾-2 「千鳥町(横浜市・中区)」

ここは場所の説明も、千鳥町の文字を見付けるのも大変難しく、この投稿に従って探して初めて可能になる(見ないで自分で探すと見付けるのはほぼ不可能である)

まず、最寄りのJR駅、及び私鉄駅はなく、強いて言えば横浜市磯子区のJR根岸駅から駅前の国道357号線(千葉市横須賀市を結ぶ約92km)を東に歩くと中区に入る。更に進むと間門(まかど)のY字交差点に至るが右側の道に入る。その辺りの右側の港湾部の広大な敷地を占めるJXエネルギー(旧日本石油()根岸製油所が千鳥町である。千鳥町は左側の高台にある住宅地とはこの357号線、上を走る高速道路、及び神奈川県臨海鉄道(株)の線路により隔てられている。こちらには、これまで2度来ている。最初は、今はもう無くなっているが2013年11月の横浜国際女子マラソンの見物で、スタート・ゴール地点の横浜市中区山下公園から南に、住宅地側を、357号線の第2折り返し地点を、更に間門迄歩いたことがあった。2度目は本年5月に三渓園に行って、一番南の松風閣からタンク群を遠望したことであった。

日頃より「美しき地名」シリーズで、よく地図を見ているが千鳥町を見付け、今回写真を撮る目的で行って来た。

まず、横浜駅からバスで横浜港シンボルタワーに行って全く想定外の富士山を撮影。そこから357号線に入り、ずっと港湾側のJXの塀際を西へ歩いたが電柱がなく、よって従来電柱に張り付けてある住所表記がなく、全く千鳥町の文字を見付けることが出来なかった。そこでJXの東門の守衛さん(澤口さん)に主旨を話し、どこかに千鳥町の表示はないかと訊くと道路マップを持って来て、自分ではないが、誰かが千鳥町歩道橋と手書きしてあるのを見付け、そこが唯一の可能性とのことであった。昼食を摂っていなかったので、一度根岸方面に行って中華料理屋さんで遅い昼食。(その後、近くにあった交番でも訊いたが分からず)。そこから来た道を戻り約2km、市民プール前の歩道橋で千鳥町歩道橋の文字を見付けた。発見が奇跡的でこれまでで一番苦労した貴重な写真なのである。

(全く興味ない?)

 

f:id:hondatad:20161222173815j:plain

f:id:hondatad:20161222173850j:plain

f:id:hondatad:20161222173914j:plain

f:id:hondatad:20161222174200j:plain

f:id:hondatad:20161222174610j:plain

f:id:hondatad:20161222174722j:plain

f:id:hondatad:20161222174749j:plain

f:id:hondatad:20161222174819j:plain