三島市ー12 (神社仏閣ー4)

蓮馨寺

広小路町1-39で三石神社のすぐ前にある。

f:id:hondatad:20191222070527j:plain

 

みしまっぷ(駅前の観光案内所で入手。北が上で見易い)

1枚目のものは最上部からスキャンしたもので下部は切れていて見えない。

2枚目のものは最上部を省略し地図全体を見えるようにしたもの。

 

f:id:hondatad:20191222064626j:plain

 

中段左側⑤が三石神社でその向かい(まっぷですぐ上)に蓮馨寺がある。

 

f:id:hondatad:20191222064640j:plain

 

芭蕉の墓

芭蕉と言えば大坂(現大阪市)で死に、下記有名な辞世の句を残している。

「旅に病んで夢は枯野をかけ廻(めぐ)る」

 

みしまっぷには蓮馨寺に芭蕉の句碑と書いてあるがどうしても墓に見える。

 

インターネットで調べると、

「碑の正面に「芭蕉老翁墓」と刻まれている」とあり。また、

「「いざともに ほむぎくらわん くさまくら」と芭蕉の句が刻まれています」

とも記されている。(すぐ下の写真を見ても墓の正面に上記の句は見当たらないが?)

なお、三島市のお墓は、

芭蕉の弟子であった住職が建てたもので、現在の住職の話によると句碑の下に芭蕉の遺髪が納められたとのこと。

ただ、実際のお墓は、

 

芭蕉は湖南地方が好きで、特に好んで大津の義仲寺(ぎちゅうじ)に逗留したこともあり、木曽義仲公の隣に葬って欲しいとの遺言に従い「義仲寺」にある。他、大阪市の4カ所のお寺にもある。

 

f:id:hondatad:20191222070603j:plain

 

本堂

f:id:hondatad:20191222070626j:plain