私のSF(サンフランシスコ)

上記で報告したように私はSFに5回行っている。

GOLDEN GATE BRIDGE

SFで購入のポスター

 

SFにて

 

遠望

 

CHINA TOWN入口

すぐ前のホテルに宿泊していた

 

PYRAMID(ピラミッド)と言う名のビル

 

遊覧船より

中央の細いタワー:PYRAMID

左の細いタワー:COIT TOWER(コイト タワー)

 

PIER 39

Fisherman’s Wharf

 

CABLE CAR

人力で方向転換

 

LOMBARD ST.(ロンバード ストリート)

Most crooked road | Guinness World Records

世界一曲がりくねった道

(車は上から下に一方通行)

上からの風景

歩いて下りた

 

ヴィクトリア風家屋

 

南米コロンビア 右派のドゥケ現大統領はドケ?

上記ではポーランドのドゥダ大統領が登場した。
今回、6/21、朝日新聞朝刊
コロンビア初の左派政権
南米コロンビアで19日、ドゥケ大統領の大統領の任期満了に伴う大統領選の決選投票が行われ、ペトロ氏が当選したとある。政界の主要勢力からなるドゥケ政権の支持率は20%ほどに低迷していた。1回目の投票ではドゥケ氏の流れをくむ候補が決選投票に残れなかった。右派のドゥケ現大統領は米国と蜜月関係を築いていたが、左派のペドロ氏の大統領就任で対米関係に変化が生じる可能性も指摘されている。
要はドゥケはドケと言うことである。

 

私はコロンビアの首都・ボゴタを1度訪問している。

ペルー南部・チリ国境に近いTacna(タクナ)で国営Electroperu・アリコタ・ポンプステーションの打ち合わせの帰りに立ち寄ったものである。

フィルムカメラで撮影。ネガよりPCに取り込むツールを購入したがネガが痛んでいて画質が悪い。

ペルー・タクナ

顧客・取り纏め責任者と

 

アリコタ・ポンプステーション

顧客と

 

休日に顧客が1泊2日で車でアンデスの峠越えしてLago Titicaca(チチカカ湖)に連れて行ってくれた(湖畔のPUNO(プーノ)(*)のホテル宿泊代は私が負担)。

(*)標高は3,850m(富士山の3,776mより高い)

 

首都・リマ

顧客ご家族と

 

コロンビア首都・ボゴタ

空港着

最下部・日本語

「ようこそボゴタへ」とあり

 

ボゴタの街歩きしていた時、若い女性が寄って来て案内すると言ってくれた。別の女性と約束があるのでお断りした。

 

最初、サンフランシスコ(SF)・PIER(ピア)39で会った。コロンビア人で

Avianca(アビアンカ)航空の広報を担当していると言うことだった。私が偶々ペルー出張となり、帰りリマより連絡してボゴタを案内してもらった。

彼女&彼女の車

 

国立博物館

黄金博物館にも案内してもらったがネガから取り込みの写真が見付からない?! プリントしてフエルアルバムに台紙をパンパンに増冊して貼付したのもあるが、写真が膨大過ぎて探し切れない。

 

ボゴタの眺望

 

教会前

彼女

周りの悪ガキどもに私から盗むなよ!と言ってくれた。

なお、彼女はその後広報の取材で日本に来て、私が東京を案内してあげた。そして取材結果の記事・写真(私も登場)が掲載されたアビアンカ広報誌を送ってくれた。世界を股にSF、ボゴタ、東京と3カ所で会った稀有なケースである。

 

私はSFには顧客のSF市下水道局・ポンプステーションの打ち合わせのため、計4回出張したが、休日に観光で行ったピア39で彼女に会った時が1回目。ボゴタの帰りが2回目。その後更に2回行った。別の、 LAWRENCE LIVERMORE(ローレンス・リバモア)国立研究所のレーザー核融合(**)の世界的権威と打ち合わせに行った時にもSFで1泊。訪問後はSFに戻りシアトルに行った後帰国した。

 

ローレンス・リバモア国立研究所

 

(**)地上の太陽。原発に替わる、放射能の出ない究極の発電方式となる。(母校の)京都大学大阪大学でも鋭意研究が進められている。既に下記を投稿しているが、オール人類のために頑張れ!

藤あや子さん、還暦ビキニ披露

上記は4/24放送、テレビ朝日 路線バスで寄り道の旅を紹介したものであったが、
実は藤あや子さんの「還暦ビキニ披露」がハイライトだったと言える。
秋田美人
民謡歌手→演歌歌手






 

一瞬、クリミア?

6/18、朝日新聞朝刊 テレビ欄

一番左 NHKテレビ 1

6.00 おはよう日本

クルミアアレルギー

とあり、直ぐ上にプーチンともあったので

一瞬、クリミア?と思った。

 

私は2015/3~4,ウクライナを訪問しており、下記にて紹介している。

再掲

モルドバ首都・キシニョフからバス

 

オデッサ(現:オデーサ)

 

キエフ(現:キーウ)

 

現状、ゼレンスキー・ウクライナの戦況は厳しい状況にあるが、欧米の更なる軍事・経済支援を得てプーチン・ロシアに勝利し、平和が回復してクリミア半島も含め領土が戻るよう願っている。また、EU加盟は叶いそうだが、NATOへの加入もフィンランドスウェーデンと共に実現してもらいたい。ドゥダ(*)・ポーランド大統領はウクライナの隣国とはいえ東欧にあり小国ながらロシアに厳しく、大量の難民受け入れ等よくウクライナをサポートしている。ウクライナ頑張れ!(**)
(*)ドーダと言わんばかりに意気軒高である。
一方、フランスのマクロン大統領は新語「マクロンする マクローニッティ」と蔑まれている。
6/17、朝日新聞朝刊

 

6/17、朝日新聞夕刊

(**)キシニョフからバスでオデッサ・バスターミナルに到着後、タクシーでホテル
ポチョムキンの階段近くのLondonskaya Hotel)に行ったのだが、最初にドライバーが料金を○○と言ったのでOKしたが、ホテル到着時のメーター料金ははるかに安かった。随分ふっかけられていた。ドライバーにクレームしたが最初に○○で私が了解していたと言われた(初めてで適正料金かどうか分かるはずない)。その後ホテルチェックアウトしキエフに行くためタクシーで空港に行ったが、遥かに遠かったのに料金は○○より安かった。ウクライナを応援する気持ちはあるが、この時のタクシードライバーには(国の恥であり)天罰が下るといい。
こうして受けた不快な出来事は生涯忘れることはない。フランス・Menton
(Monaco近く)で開催されたIEC(国際電気標準会議)に日本代表委員として出席のため海外出張した帰り、帰国直前に立ち寄ったハンガリーブダペスト国際空港で税関職員によりウイスキーを窃盗され(帰国後判明)、ハンガリー大統領(Arpad Gonz(当時))に英文レターを出した(添付略)。税官職員はやっていないと言う返事があったが現実に盗られて無くなっているのに答えになっていない!
また、フィジー・スバ国際空港ではILISABETA VAROMUSUと言うおばさん税関職員に
(400F$=,約¥23,000)を強奪された(としか言いようがない)。フィジー・ジオジ・コンロテ大統領に英文レターを書いた(添付略)が返事なし。こんなあくどいやり方で国庫を増やすのは国の恥さらし。日本はフィジーに経済援助するな!

おやじギャグー58

4/24放送、 テレビ朝日 路線バスで寄り道の旅

谷中~神田~浅草

徳さん(=徳光和夫)バス旅

藤あや子さん

神田の老舗・鳥すきやき・ぼたん

 

秋田・比内地鶏

 

鳥だけに鳥肌が立つね

 

鳥すきがお好きでしょ(←ウイスキーがお好きでしょ)

 

あんみつの深緑堂(しんりょくどう)

 

絶品あんみつ(徳光said、字幕ないが)蜜が濃密