読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「歩道の自転車通行は右側とすべき」

車道を自転車走行をすると身の危険を感じる。そこで歩道を自転車通行する場合(私はシルバーで非常にゆっくり走る)、警察は車道寄りを走るようにとのことである。それは全く間違っている。自転車は歩行者と同じく右側通行であるべきである。まず歩行者は右側通行で、それが最優先である。考えれば容易に分かることだが、自転車が車道寄りだと必ず右側を歩いている歩行者と正面からぶつかることになる。ましてや自転車同士は必ず正面衝突ということになる(勿論どちらかが避けなければの話だが)。一方、自転車が右側通行の場合、(殆どの歩行者は守っていないが、あくまで右側通行を前提として)前を歩く歩行者がいればその時だけ左に出て追い越せばよい。歩行者が正面衝突を心配することは一切ないし、自転車同士もどちらが避けるか考える必要もない。警察も歩行者優先とはどうあるべきかよく考え、題記がベストソリューションであることを確認しルール改正をすべきである。